夜間保育園

現代建築で建て替えられた園舎の取材に福岡市博多区のどろんこ保育園を訪ねたのは2015年初夏。

そこで初めて夜間保育園だと知り、「親を支える」という型破りな運営方針に引き寄せられるように博多通いが始まりました。

ネットメディアで発表の機会を得るなどしながら、2019年秋に『真夜中の陽だまりールポ・夜間保育園』(文藝春秋)を上梓。

ところが、そこでひと区切りついたはずが、まだまだ保育園や知り合った親子との関わりは続くのです。

どろんこ保育園を通して考えたことは時折noteに書きためていきます。

unnamed.jpg
​PRESIDENT ONLINE 2020.04.28
コロナ禍でも子どもを預かる「24時間保育園」の存在意義 東京都に1カ所だけの夜間認可園
文春オンライン 2020.04.19
保育園も緊急事態……福岡の“夜の街”中洲で働く親を支える「夜間保育園」はいま
​PRESIDENT ONLINE 2020.01.31
「私にも虐待リスクがあった」 夜間保育園に通った3年で到達した結論 博多のどろんこ保育園が教えること
文春オンライン 2019.09.30
深夜に子どもを預けたい母子を救えるか――“中洲方式”夜間保育園の狙い
文春オンライン 2019.09.30
経営するのはクラブママ。日本初「水商売」のシングルマザーを支える夜間保育園の実態
​PRESIDENT ONLINE 2019.02.27
“夜に子供を預けて働く”のは親失格なのか 深夜保育支援を決めた都知事の本音
Yahoo! ニュース特集 2019.02.22
親は「つながる力」を持って――子どもの虐待を防ぐには
Yahoo! ニュース特集 2016.07.19
歓楽街・中洲に寄り添う「真夜中の日だまり」 親を支える夜間保育園
Show More